コドモモ!

私とまわりのいろんなハナシ。

子供を追い詰めないための対応。「行く時間は息子が決める」のハナシ【不登校にっき9】

【スポンサーリンク】

今までのおハナシはこちら↓

f:id:euri-kusanagi:20170712113839j:plain

 

 

そんなわけでゆるい不登校をすることになったのですが、朝家を出てもまだ8時すぎ。

はっきり言ってすることがないんです。

 

でも家を出て車に乗ることすら嫌になってしまったら、先はひきこもるしかなくなります。

そんな私たちの話。

 

 

息子は朝は吐き気が特に強く「揺れるのがツライ」と言って歩くのも嫌がるので車に乗せるのもひと苦労。

 

しかし遅く家を出ても気持ち悪いのは同じなので(動くと思うと吐き気が強くなるようです)、なんとか車に誘導します。

 

f:id:euri-kusanagi:20170303195126j:plain

 

ドライブしながら気がまぎれてくると食欲もわいてご飯が食べられるようになってきます。

このタイミングを狙って朝ごはん。

 

f:id:euri-kusanagi:20170227164207j:plain

 

おにぎりやサンドイッチを作ってきたり、コンビニで好きなものを選んだり。

 

全体的な食欲も落ちていたので、栄養価よりとにかく「口に入ること」が第一でした。

 

でも気持ち悪いって言うわりにはファミチキとか食べたがったりするんですよね…まあ、胃炎じゃなさそうでよかった…?

 

はじめのうちは行けそうだったらすぐ学校に行けるようにと、学校の近く(と言っても半径5キロとか)をぐるぐるドライブしたりしていたのですが、私も飽きるしなにより

 

f:id:euri-kusanagi:20170227164202j:plain

 

もはや近くにいるだけで気分が悪くなるという、学校恐怖症くらいの感じになっていたので遠出するようになりました。

 

だけど、そうするといざ息子が「そろそろ行ってもいい」と言いだしたときに学校のはるか遠くにいる、なんてことになりかねない。

 

それでどうしても30分ごとくらいに

 

f:id:euri-kusanagi:20170227164252j:plain

 

この会話を繰り返しちゃうことになるんですよね。

聞くたびに息子を追い詰めてしまっていました。

 

なので、学校に行く時間は最初に決めることにしたんです。

休む時も「今日はお休みにする」と日の最初に決めてしまいます

 

その代わり一日休んだら、翌日は早めに学校に行くというお約束つきですが。

 

時間を先に決めてしまえばその時間まで、私は息子に「もう行けるんじゃない?」って言わないし、息子もその時間になったら約束を守る、と。

 

これで、その時間内で帰ってこれる場所ならどこでもいけるようになって、息子も私もすごく楽になりました。

 

f:id:euri-kusanagi:20170227164250j:plain

 

まるで「学校さぼってる」みたいですが(実際そうなんですが)、これはこれでいいかなと。

 

やるべきことをやっていないとどうしても自分を責めてしまいがちですが、事情は人それぞれだし、リカバリーできないことなんてない。

 

f:id:euri-kusanagi:20170227164200j:plain

 

今はきっとこれが必要なんだと思います。

 

 

 つぎのおハナシは

 

f:id:euri-kusanagi:20170712113839j:plain

 

登校拒否の理由がわからない中で親ができること【不登校にっき2】

「いい子」という病と壊れていく優等生たち~低年齢詰め込み教育の功罪 

夏休みも終わるので海に行ったらヤ○ザさんに囲まれたハナシ