コドモモ!

私とまわりのいろんなハナシ。

MENU

回復のきっかけ~平日昼間に町にいる子供のハナシ【不登校にっき55】

【スポンサーリンク】

 

平日昼間に子供が外に出ていると逮捕されちゃうのでは?とまで思い詰めておびえていた息子ですが、

 

 

あることをきっかけに大きく回復へとかじを切りました。

 

 

ひとつは一番の恐怖だったユウトが一切ちょっかいを出してこなくなったこと。

 


 

ふたつめは

 

f:id:euri-kusanagi:20170520124936j:plain

 

たまたま立ち寄ったコンビニで

 

f:id:euri-kusanagi:20170520124931j:plain

 たまたま「あれなんだろう?」と通りすがりに覗いてみたサーカスのチケット売り場で。

 

平日昼間に息子と同年代の子供たちを見かけたことでした。

 

普通にそこにいて、そして誰もその子に石を投げたり罵倒したり通報したりしていない。

みんな、普通。

 

f:id:euri-kusanagi:20170520124926j:plain

 

もちろんそのすべてが不登校の子供たちとも限らないのですが、自分だけが何かとても悪いことをしているのではないかという焦りは少し癒えたようでした。

少なくとも「ぼくだけじゃないんだ」という安心感はあったみたいです。

 

普通に考えるとそうなると開き直って「じゃあぼくも休んだっていいじゃないか」となりそうなもののような気もしますが、それからほどなくして

 

f:id:euri-kusanagi:20170520124921j:plain

昼に行って最後までいるんじゃなく、朝から行って早退にしてみたら?と提案すると意外にもすんなりのってきました。

 

それで、午前11時~13時45分の間くらいに学校に行っていたのが、翌日から8時30分には行くということにしてみたんです。

まあ、昼休みに迎えに来て早退する前提で、の話なんですが。

 

それまで長くても4~6時間目の3時間しか授業を受けていなかったのが、1~4時間目+給食と昼休みまでいられるようになったのですから大きな進歩です。

朝の吐き気がだいぶ軽くなっていったことも大きな進歩でした。

 

きっと回復に向かった原因はそのふたつだけではなくて、小さな小さなことがたくさん積み重なった結果だとは思うのですが、「外の世界は自分を拒絶するわけじゃないんだ」とわかったことは大きかった気がします。

外にもいてもいいという安心感を得てはじめて、学校の中に入っていけるというか。

 

そういう話はそれこそドライブ中に手を変え品を変えいーーーっぱいしてきたんですけどねー。

百聞は一見に如かず。

自分の目で見ることではじめて実感できたんでしょうね。

 

そういえば私も意外だったんですが、不登校になってから4か月近く、毎日平日昼間に出歩いて、いろんなところへ出没しているのにも関わらず、ただの一度も「学校へ行け、親は何考えてるんだ」という感じで嫌味を言われたり説教されたりすることはありませんでした。

 

さらに善意からでも「学校へ行かなきゃいけないよ(こんなところにいちゃいけないよ)」というふうに言われたこともありません。

何か聞かれた時もみなさん「そういうときもあるよね」「大丈夫大丈夫」という感じでスルーしてくださっていました。

私の頃には考えられなかったことだと思います。

 

 

あたたかい対応に本当に感謝しきりです。

 

 つぎのおハナシは

 

 【スポンサーリンク】
 

 

 

 

f:id:euri-kusanagi:20170505195047j:plain

 

キョーフの「あら、今日学校は?」のハナシ【不登校にっき39】

謝罪の影響~ユウトからのいじめがなくなったハナシ【不登校にっき54】