コドモモ!

私とまわりのいろんなハナシ。

いじめっ子を攻略しよう!①【不登校にっき48】

【スポンサーリンク】

 

息子にしょっちゅうちょっかいを出してくる子、高津くん。

 

 

息子はユウトを一番怖がっていますが、ちょっかいを出してくる頻度としては高津くんが一番です^^;

 

友達と話していると割って入ってきて

嫌味を言ってくる

馬鹿にしてくる

邪魔をしようとする

 

f:id:euri-kusanagi:20170329135403j:plain


とにかく口が達者で、息子もかなり強く「やめろ」と言い返しているようなのですが全くひるまないしやめることもない。

 

まあ、ユウトと違って言い返せているだけ立場は対等ではあるんだと思います。


というかですね、たぶん、この子、ホントは友達になりたいだけなんじゃない…?

 

というのも、この高津くん全くみんなの仲間に入れないということはないんですが、特別仲のいい友達がいるわけでもなく。

なんとなく集団のすみっこにくっついてくるタイプというか…。

 

イヤミやマウンティングするような発言は息子たちだけにというわけでもなく普段からいつもそんな感じらしくて、この子単体としてはまわりも「ちょっとイヤなやつ」という印象を持っている子が多いんですね。

 

ほんとは構ってほしいだけなんだけど、それをどう表現していいかわからない&素直に表現するのはプライドが許さない、でこういうふうになっているのかな、という感じ…。


ってことは、

「もしかしたらあんたが一番の仲良しになってしまえばもうイヤなこと言ったりしなくなるかもよ?

もちろん嫌なら付き合う必要全然ないけどね!」

 

そんなうまくいくわけないよ、と言っていた息子。

ところがある日、カードゲームショップにいるといつのまにか誰かと熱心に話しこんでると思ったら…

 

f:id:euri-kusanagi:20170506170609j:plain

えっ!?高津くんじゃないの!?

 

あんなこと言っていた私ですが動揺しちゃうところが情けないです…

大丈夫?大丈夫なの??

 

f:id:euri-kusanagi:20170506170619j:plain

た、頼もしいこと…


「今親が一緒だからめったなことはしてこないよ。

一緒に遊んだらもしかしたらもう嫌味いってこなくなるかもしれないし。

ちょっとバトル(カードゲームの対戦のこと)してみるから行ってていいよ!」


息子も状況を読んで策略(?)を立てているようなので黙って見守ることに。

 

ちなみに近くにお母さんがいたのですが

 

f:id:euri-kusanagi:20170506170633j:plain

興味なさそう…

 

私としてもこちらから挨拶してニコヤカに世間話する気には到底なれないですし、逆にここで「うちの子あまり学校に行けて無くて。お宅のお子さんの意地悪のせいで。」とか言って戦争しかけるのもイヤでしたので、スルーしました。

(私意外と腹を立てていたんだな…)

 

 

f:id:euri-kusanagi:20170506170643j:plain

息子たちは意外と普通に遊んでいます…。

 

息子はしかめっ面ですが高津くんはうれしそうに見えました。

(やっぱり一緒に遊びたかったんだろうなあ…)

 

しかし息子はすごいな、と思ったんです。

 

――「もしかしたらあんたが一番の仲良しになってしまえばもうイヤなこと言ったりしなくなるかもよ?」

 

こんなこと言っておきながら、私はそんなことができるとはちょっとも思ってなかったんですよね…

だって私ならできないもんー。

 

 

そして数十分後、高津くんは「ありがとう!」と言って去っていきました。

 

いやいや、びっくりです。

ふたりとも普通に楽しそうでした。

息子も「明日ふつうに話しかけてみる!」とポジティブになっています。

 

「少しでもヤなこと言ってくるのが減るかも!?」

 

 さあ、どうなることやら…

 

(続きます)

 

 つぎのおハナシは

 

f:id:euri-kusanagi:20170505195047j:plain

 

息子が受けていたイジメの内容のハナシ【不登校にっき20】

共感が大事だったんだなあってハナシ【不登校にっき22】

虐待親スレスレの「小さなお母さん」女子のハナシ【不登校にっき32】