コドモモ!

私とまわりのいろんなハナシ。

不登校児の親のキモチ。苦悩は回るかざぐるま【不登校にっき23】

【スポンサーリンク】

 これまでのおハナシはこちら↓

f:id:euri-kusanagi:20170712113839j:plain

 

剣道の先生のおかげで、息子の不登校の原因の輪郭が見えてきました。

 

 とるべき対処の方向性がわかってだいぶ楽にはなったのですが、それでも葛藤は続きます……。

 

ひたすらループ。

f:id:euri-kusanagi:20170329142340j:plain

 

受け入れてあげなければ→

 

f:id:euri-kusanagi:20170329142327j:plain

 

でも本当にこの対処でいいのか?→

 

f:id:euri-kusanagi:20170329142334j:plain

 

そもそも学校行く意味って?→

 

f:id:euri-kusanagi:20170329142323j:plain

 

当然学校に来るよう促してくれてますよね?と言う先生…。

 

気持ちが落ち込むとロクなことがないのでなるたけ軽く、かるーーく考えようとはしているのですが、なにせものすごいプレッシャーがかかっているのでなかなか難しく…


*子供に対する責任感からのプレッシャー
*先生たちからのプレッシャー(申し訳ないという気持ち)
*クラスのほかの子からの反応や影響
*息子の将来への不安

 

などなど……

 

思わず

 

f:id:euri-kusanagi:20170329142317j:plain

 

と思ってしまうこともしばしば。

ときたま口からこぼれてしまうことも。

 

ただ、子供に対する責任も子供の将来への心配も、親が引き受けるべき責任だし、それがストレスだからといって今苦しんでる子供にぶつけるのは間違ってるな、と頭ではわかっているのです。

 

送り迎えや時間の予測がつかなくてまったく予定が立てられないことも、気を使ってくれる相手に逆に気を遣うのも、「そろそろ朝起きられるようになりそうですか?」という耳タコな誤解をかわすのも……

ま、しょうがないよね、と思うことにしています。

 

それでも。

 

f:id:euri-kusanagi:20170329142312j:plain

 

それでも、学校の都合というのは、できれば先生のほうで引き受けていただきたく……

 

本人もこの状態で「運動会に出たい」だなんて思ってないわけで。

 

f:id:euri-kusanagi:20170329142303j:plain

 

無理やり「全員揃うこと」に何の意味があるのかなあと思ってしまいます。

 

そもそも子供たちにとっても「全員揃う」ってたいして大事なことじゃないと思うんですよね……

もちろん休んでいる子がいると先生方がひと手間かけなければならず面倒、というのはよくわかっているつもりではあるんですが。

 

 

ほっといてくれないかな……

 


って正直思っていました。

 

うん。そういうわけにはいかないよね。

公務員として。教員として。

何かしないわけにはいかないんだろうなあ…

 

だから、今はそういうことからも盾になるのが親の役目なのかなと思っています。

 

f:id:euri-kusanagi:20170329142308j:plain

 

先生には申し訳ないですが、それで子供のココロが犠牲になるのは本末転倒なんじゃないかと思うのです。

 

で、最初の画像に戻ってまたループするわけですよ……

 

f:id:euri-kusanagi:20170329142340j:plain

 

苦悩は続くよどこまでも!

おんなじところをグルグル回っていくよ!

 

 

 つぎのおハナシは

 

f:id:euri-kusanagi:20170712113839j:plain

 

仮病?心因性?学校を休んでもよくならない。次に打てる手は【不登校にっき8】

極論を言えば自殺してでも学校に行けと言うかどうかってハナシなんです【不登校にっき18】

最近の学校のちょっと変なとこ~責任の範囲はどこまで?【不登校にっき番外】