コドモモ!

私とまわりのいろんなハナシ。

MENU

学校に行っていない間なにする?ってハナシ【不登校にっき10】

【スポンサーリンク】


朝から学校に行けなくても、8時過ぎには家を出ていました。

f:id:euri-kusanagi:20170306164417j:plain

 

ですが、息子が決めた登校時間(11時とか、昼休み終わったらとか)まで、正直ヒマです。

 

↓息子が登校時間を決めるようになった経緯は

 

特にはじめの1か月、私は息子の気を紛らわせることに必死でした。


行き先は日によっていろいろ。

山に行ったり湖に行ったり川に行ったり。

気分がのれば降りて歩くこともあります。

f:id:euri-kusanagi:20170227164204j:plain


息子のお気に入りは

 

・生き物がみられるところ

・今まで通ったことのない道を探検

・今まで行ったことのないところに行ってみる

・本屋やカードゲーム屋

 

家を出るのは8時すぎなのでお店なんかどこもやってないんですけどね。

なので10時までドライブかなんかして待って

 

f:id:euri-kusanagi:20170227172853j:plain

f:id:euri-kusanagi:20170227172851j:plain

f:id:euri-kusanagi:20170227173045j:plain


とにかく息子の好きなもの、好きなことを考えていました。

あとは時間つぶし。

それしか考える余裕がなかったのが正直なところです。

 

見るのがマンガやゲームでも、多少なりとも立って歩くことができるだけマシというか…

 

でもしばらくたって、これはもう一朝一夕で解決しないなと思ったとき、この時間を無駄にしないようにするにはどうしたらいいんだろう、と考えるようになったんです。

 

せっかくあいたこの時間、有効活用しないともったいない。

なにか、今しか見られないものはないか。

 

最初に思いついたのは工場見学のようなものでした。

せっかくなら、普段は見られない昼間息子が学校に行っている間働いている人の姿を見せたい。

自前で社会科見学をやればいいんじゃない!?

 

f:id:euri-kusanagi:20170227173043j:plain

 

しかしこれは意外とハードルが高かったです…。

予約入れてもその日に学校に行く気になるかもしれないし…

 

あとは大学の一般講座とか(私の母校が近ければ先生に頼んで聴講に行ったんですが…)。

でもそれも基本的には休日しかやってません。

 

図書館のフリースペースで勉強…とかも考えたのですが、吐き気を訴えている息子が、その程度の環境変化で勉強に集中できるようになる気がしません…。

 

それで定番コースにしたのが

 

f:id:euri-kusanagi:20170227173039j:plain

f:id:euri-kusanagi:20170227173037j:plain

f:id:euri-kusanagi:20170227173041j:plain


もちろん気分が乗らなければ車からおりてくれないのでそういう気分のとき限定ですが。

 

でも何より私も楽しい。

息子ももう10歳でこうやって一緒に出掛けてくれるのもあと少し。

そう考えたら、この時間ってけっこう貴重で大事な時間なんじゃないかと思うようになりました。

 

で、自分が楽しんじゃうと今度は「私が息子を引き留めてしまっているのでは?」という罪悪感も湧いてきちゃうんですよね…。

 

でもこれは、

・もちろん時間はもどらないけれど、勉強が遅れたなら私が見ればいい。

・人間関係や対人スキルも取り戻せないことなんかない

 

だからあとは息子が自分で「不登校である」という負い目というか、「自分はダメなんだ」と思わないように、それだけ気を付けてあげれば、もう、いいかなと。

私が引き留めてしまっている部分があるにしても、何もよりどころがないよりはマシだし、それで失ってしまう部分をどう補完するか、それだけ考えればいいかなと思ったのでした。

 

 つぎのおハナシは