コドモモ!

私とまわりのいろんなハナシ。

MENU

「ダッシュで逃げ」た。私が。【私がいじめをしたときのハナシ③】

【スポンサーリンク】

 


私が高校で最初に仲良くなった(?)子は重度のコミュ障でした。


話すのが苦手、人間関係がうまく構築できない、というレベルではありません。

「イエス・ノー」の意思疎通すらかなり危ういレベルのコミュ障です…。


1学期はまるっと「しゃべらない・ずーーっと黙って私にくっついて歩く」背後霊コタちゃんに悩ませられまくった私

 

 

でしたが、二学期に入るとだんだん地がでてきたといいますか、どうでもよくなってきた。


仲がいい子も増えて、周りにもわかってもらっただけに

 

  

気持ちに多少の余裕が生まれたというのもあります。

 

でも同時に「コタちゃんを傷つけないように」という気遣いがどんどん失せて行ってたんですよね。

 

コタちゃんに対しても

f:id:euri-kusanagi:20171010163426j:plain

けっこうキツイ口調で言うようになりました。


そうすると今度はカオリちゃんのところへ行く。


でも驚くべきことに数日もすると

f:id:euri-kusanagi:20171010163431j:plain

戻ってくる…。

 

コタちゃんは「くじけぬ心」を持っていた…!

 


それでもけっこう何度もお説教をしました。


「あのね、周りを見てごらんよ。

誰かと一緒にいる子は、相手とコミュニケーションとるためにそこにいるんだよ?

 

だまーってそばに立ってるだけの子、いる?
用がない時はそんなことしなくてもいいの。

 

自分の席で自分のことしてたらいいんだよ。

話したいことあるなら聞くけど、そうじゃないならそこでずっと見てるのやめてよ。」


返事は

 

f:id:euri-kusanagi:20171010163436j:plain


……

…………

 

何を考えてるのかさっぱりわからない…。

 

 

言い方がキツイよ、と言われることもありましたが、(主にカオリちゃんから)

 

f:id:euri-kusanagi:20171010163441j:plain

カオリちゃんだって、ずっとコタちゃんに居られるのはいやでたまらないわけで。

それにそんなこと言ってもそれでも来るんだもん…。


この頃、私はコタちゃんに対してかなりいらだっていました。

というか怒っていた


コタちゃんに悪意がないことは頭ではわかってはいました。

でも彼女の態度はもはや私には「私はアンタたちに何にもしないけど、ホラ、早く私を楽しませなさいよ」と言われているように感じられていたんですよね…。

 

f:id:euri-kusanagi:20171010163543j:plain

 

何もしないでこちらにプレッシャーだけかけてくる、という…。

 

 

うちの高校では10月に2年生が修学旅行に行っている間、1、3年生は遠足があります。

私たちは1年生だったので鎌倉に遠足。

 

班は…

 

f:id:euri-kusanagi:20171010163449j:plain

まあ、こうなるよね…

仲良し三人組+コタちゃんの班になりました。

(まあ、傍目には「仲良し四人組」に見えていたでしょうが…)

 

班行動はいいとして、私たちには行きたいところがありました。

f:id:euri-kusanagi:20171010183811j:plain

隠れ家みたいな趣のある甘味処で、人気のお店です。

遠足先の鎌倉からはちょっと離れていますが、帰りに寄れる場所でした。


ぜひ、ここに寄りたい。

三人で。

 

f:id:euri-kusanagi:20171010163455j:plain


もういい加減、背後霊を引き連れて歩くのが嫌になっていたのもあります。


気を遣うし、遣った気は無駄に消えていくし、たまには背後霊を気にせず羽をのばしたかった。

遠足くらい、気兼ねなく楽しみたかった。

 

でも、今までの経験から「来ないで」というのは通用しないような気もしていました…。

それに「3人で行きたいから、今日はついてこないでね、じゃあね。」と本人に言うのもきつい。というか、言えない…。

 

 

それで、遠足当日。

 

遠足と言いつつも、現地集合現地解散という、ほぼ「ただのみんなでおでかけ」なイベントなので、行きも帰りも行動班も基本、仲良し同士で、なんです。


行きは約束して現地まで行き、班行動が終わっていざ解散、というときに

 

f:id:euri-kusanagi:20171008204422j:plain

f:id:euri-kusanagi:20171008204426j:plain

f:id:euri-kusanagi:20171008204431j:plain

f:id:euri-kusanagi:20171008204436j:plain

 

3人で示し合わせてダッシュで逃げた。

 

f:id:euri-kusanagi:20171010163500j:plain


そう、このとき

 
ボス女子K子がやってて、ものすごくイヤだったやつを、私がやったんですよね…。

 

f:id:euri-kusanagi:20171010163505j:plain


普段言葉をほとんど発しないコタちゃんの「え?ちょっと…!」がいまだに耳に残ってます…。

 

つぎのおハナシは

 

 

「ダッシュで逃げる」の意味が違う…【サイコパスなクラスのハナシ1】

ヒロキ&息子以外のいじめのハナシ【不登校にっき63】

【私がいじめをしたときのハナシ①】~高校でできたともだち