コドモモ!

私とまわりのいろんなハナシ。

MENU

「仲間はずれ」と葛藤【私がいじめをしたときのハナシ④】

【スポンサーリンク】

今までのお話は

 

 

遠足先の鎌倉で、解散の号令の直後にコタちゃんを置いてダッシュで逃げてきた私たちは

 

首尾よく一番に電車に乗り込みコタちゃんとはぐれることに成功。

 

隠れ家的甘味処をたのしみました。

 

f:id:euri-kusanagi:20171012233744j:plain


反応は三者三様でしたが、私は楽しかったのです。ものすごく。

解放感・爽快感と、今までやりたくでできなかったことをやった!っていう達成感がたしかにあった。

 

「邪魔者がいなくなってせいせいした」というのが正直なところでした。


もともと私は「嫌なら関わらなきゃいいじゃない」というスタンス持ちなので、罪悪感はありませんでした。

私は。

そのときは。

 

そう、全然なかった。


「私は嫌だというシグナルはさんざん発した。

相手が離れるように促すこともした。

でも、やめなかった。

もう、あとは逃げるしかないじゃない?」

本当にそう思っていました。

 

鎌倉から無事帰りつけたのかは一応確認はしましたが…

f:id:euri-kusanagi:20171012233737j:plain

周りの子も理解を示してくれていた。

 

しかし翌日からコタちゃんは誰の机の前にも立たなくなりました

お弁当もどこで食べているのか…お昼休みになると黙って教室から出ていく

 

f:id:euri-kusanagi:20171012233657j:plain


同じ中学の子と話しているところも見たことなかったので、たぶん一人でどこかで食べているんでしょう…。

 

別の子のところに行くとかいうこともなく、誰にも近寄らず、誰とも話さず。


でもそれでも私は正直まだ「やっと解放された…!」という快感の方がずっと勝っていました。

 


それと、うちの学校の女の子たちは、良くも悪くもみんなそんなに他人に興味がないんです。

そもそも恋愛に部活に勉強に友達関係に…と自分のことに忙しいですから、「自分が興味のある人」と「自らアクションを起こしてくる人」しか目に入らないんですよね。

 

「好きで一人でいる自由もアリでしょ」というスタンス。

まあ、それでも実際ずっと一人ぼっちの子なんてそうそういないんですけどね…。

 

おかげでいじめもゴチャゴチャした人間関係もなくて楽でしたが、一方で一切自らアクションを起こさないコタちゃんにわざわざ話しかける子もいないわけで…。


だからあえて無視したり危害を加えたりはなくても、自然といつもコタちゃんはひとりポツン


話したきゃ自分からくるでしょ、という。

これは地域性もあるかもしれません。

 

ただ、今までの感じから、コタちゃんが「一人でいたくない」子だということは、もちろん私たちは知っていました。

f:id:euri-kusanagi:20171008112204j:plain

つらいだろうな、ということも想像できていました。

 

でも、それに気づいたような顔するのは、嫌だったんですよね…。

自分で一人ぼっちにさせといて「かわいそう」ってなんか違うんじゃないっていうか。

手を差し伸べる気ないなら最後までヒールでいようっていうか。


唯一カオリちゃんだけは

f:id:euri-kusanagi:20171012233721j:plain

 

同情していましたが、

 

f:id:euri-kusanagi:20171012233715j:plain


どうなるかわかっているだけに自分が声をかけるのは二の足を踏むわけです…。

 

やっぱり

f:id:euri-kusanagi:20171008112230j:plain

背後霊されるのはきついから…。

 

 

そんな調子で2学期が過ぎていきました。


初日の出を見に行ったり、クリスマスパーティをしたり、恋バナで盛り上がったり…

正直、楽しすぎてコタちゃんのことを思い出すことは少なくなっていきました。

 

f:id:euri-kusanagi:20171012233732j:plain


それでも、その間コタちゃんはずっとひとりぼっち。


やはり内心、目に入ると穏やかな気持ちではいられませんでした。

 

f:id:euri-kusanagi:20171012233727j:plain


もう誰かの机の前に立つこともなく、誰に話しかけることもなく、ずーっと一人でいるコタちゃん。


罪悪感がわかなかったわけじゃないけど…でも元通りになるのも嫌だった。

気分はよくなかったけど、しょうがないじゃないって思っていました。


「一人ぼっちが嫌ならちゃんとコミュニケーションとるなり自立するなりすればいいじゃない。

誰かが罪悪感から自分を楽しませてくれるまで口開けて待ってるなんて卑怯じゃない?」

 

f:id:euri-kusanagi:20171010163543j:plain


自分が中学時代、ぼっち上等でつっぱっていたぶん、(→いじめっ子とその取り巻き、いじめられっ子のその後【サイコパスなクラスのハナシ20】

相手に対する態度も厳しくなっていたと思うんですよね…。

 

ぼっち上等、いやなやつはかまわなきゃいいって堂々としてたら友達もできるのに、それもしないの?って。

なら自業自得じゃんってイライラしていた部分もかなりあった。


「つらい思いをした分相手に優しくなれる」なんてのは、けっこう一面的なもんなんじゃないかな…。

なかなか難しいっすよ…。それ。

 

 

そんな複雑な思いを抱えつつ年が明けた三学期のある日。

 

それはほんとに唐突でした。

 

 

 

f:id:euri-kusanagi:20171012234725j:plain

 

f:id:euri-kusanagi:20171012234719j:plain


コタちゃんから話しかけてきたんです。

 

 

 ※何をそんなに驚いているのかよくわからない方はぜひこちら↓からご覧ください( ˘ω˘ )

【私がいじめをしたときのハナシ①】~高校でできたともだち - コドモモ!

 

つぎのおハナシは

 

 

サイコパスな担任Hのハナシ①~片鱗がみえたとき 

「シカトされる」って具体的にどういうこと?~傍観者のキモチ【サイコパスなクラスのハナシ4】

え?そっちはいじめ認定なわけ?②~事件の波紋とユウト親子の闇【不登校にっき29】