コドモモ!

私とまわりのいろんなハナシ。

典型的「体育教師」を攻略セヨ【文化祭の劇を不良をノセて成功させた話③】

【スポンサーリンク】

 

不良男子グループとボス女子グループをなんとかノセて劇の題材は十五少年漂流記に決定。

しかし「かさこじぞう」になぞの執着を持っている担任を説得できないと劇はできません。

ビビるクラスメイトに「私が説得する」とタンカ切って教室を出ました。


今までのお話は↓

 

問題の担任を説得する

 

f:id:euri-kusanagi:20171213095958j:plain


実は私、こっちはうまくやる自信があったんですよね。

「優等生女子」と「ヤクザ教師」ってわりと相性いいんですよ。

 

ヤクザ系体育教師は優等生に弱い


これはじゃんけんみたいなものでして。


不良・ボス>優等生女子>ヤクザ教師>不良・ボス


私にとっては不良たちをノせるほうがよっぽど大事業でした。


男子は究極的にはこぶしでわかりあおうとしてしまうのでダメなんですが、

・怒られるいわれがなく

・普段から負担を強いていて(不良たちを怒鳴り散らしてばかりいて構ってないので)

・さらにこぶしでわかりあうわけにいかない

そういう優等生女子に、ヤクザ系の先生は基本的に甘いんです。

 

普段何気なくコミュニケーションをとって懐いているならなおさら。

f:id:euri-kusanagi:20171213100002j:plain

f:id:euri-kusanagi:20171213100006j:plain


ふだん「ほとんど構ってやれてない」という負い目?申し訳なさ?のようなものがあるみたいで、基本的にとても当たりがやわらかい。

 

よく「優等生はひいきされてる」といわれましたが、ほとんどはこういうパターンなんじゃないかと思いますよ。

先生としてはバランスをとってるだけで、むしろひいきしてるのはちょっと悪い子たちという認識があるんじゃないのかなあ。


1年のときも担任がモリシーだったので気心知れてると言うのもありますが、多少ピリピリしてても私はあんまりこの先生が怖いと思ったことないんです。

みんなはめっちゃビビってたけど、私は実はこの先生、けっこう好きでしたw


というわけで、職員室に行きました。

優等生女子の生存戦略

 

f:id:euri-kusanagi:20171213095953j:plain

 

コツは「ただひたすら教師を信頼しているフリ」をすることです。

 

「担任の実態を上回る期待を先にかぶせておく」と、彼らはその期待に応えようとしますから!

 

f:id:euri-kusanagi:20171213100011j:plain

 

彼らはわかりやすくひねくれた反応には慣れていますが、ひねくれまくって一周回ってまっすぐに反応を返されるのは得意じゃありません

 

f:id:euri-kusanagi:20171213100017j:plain

 

絶対に嫌味やあてこすりで言ってる感を出してはいけません

素直にまっすぐ、ただそう信じているからそう言っているという演技をしましょう。


コレがボス女子や不良男子とかだとまた反応が違うのかもしれないですけどね。


でも、ここで担任は「おまえそれわざとやってるだろう」とは言えないんです。

 

彼らは統治に力を使っているだけに、相手との信頼関係というのをけっこう重視しています

 

もし万が一これが本心からで「なんでそんなこと言うんですか!?ひどい!」って泣かれるのを彼らはものすごく恐れています。

真面目にやってる子に圧力をかけて信頼をぶち壊しちゃうのが、一番修復が困難なのを彼らも知ってるわけです。


それを逆手に取らせていただきます。

ムッとした顔にひるんではいけません。

 

ひるんだ瞬間、全部バレて大変なことになります。

 

「まさか先生がこんなに一生懸命な私を裏切るはずがない」という全幅の信頼を演出しましょう。


あ、先生を立てるのも忘れずに!

 

f:id:euri-kusanagi:20171213095948j:plain

 

そして言いたいこと言いきるまでは相手に口を挟ませない。

 

f:id:euri-kusanagi:20171213095944j:plain

 

不良たち用の説明ではこの作品でどれだけ「崩せるか」を(暗に)プレゼンしたわけですが、こちらでは逆にどれだけ「ちゃんとした」作品かをプレゼンしました。

(反対する理由を封じるためです)

 

 

f:id:euri-kusanagi:20171213100021j:plain

 

 

相手の怒りは思い切って一切スルー。

あえて空気は読みません。

読んでるそぶりも見せてはいけません。

 

信じる者はおのれのみ。

 


あとは気迫勝負。

 

f:id:euri-kusanagi:20171213101251j:plain

 

 

 

 

 

f:id:euri-kusanagi:20171213101255j:plain

 

 勝ったw

 

f:id:euri-kusanagi:20171213100027j:plain

 

まあ、先生もうすうすコイツわざとやってんなって思ってるんでしょうが、そこはもう、駆け引きです。

【スポンサーリンク】
 

 

歓喜に沸く教室。でも文化祭準備は始まったばかり

 

f:id:euri-kusanagi:20171213100033j:plain

 

教室帰ったら、英雄扱いでした。

みんな、私たちが2、3発びんた食らって帰ってくるんじゃないかと思っていたようです。

(モリシーそんなことで殴らないと思うけど…)

 

f:id:euri-kusanagi:20171213100038j:plain

 

こうしてみると素直なんですよねー。意外と。

そして担任モリシーがよっぽど怖いんでしょう…。

 

恐ろしいモリシーと無理めの交渉を成功させたってことで、だいぶ彼らからポイントを稼いだようでした。


正直画策はしていたものの、ここまでうまくいくとは思ってなかったんですけどね…。

めっちゃ盛り上がる不良男子・ボス女子たち。


普段一番もめる(役者やりたい子なんてそうそういない)配役は16人(15少年+ジャガーの役です)、全て立候補で一瞬で決まりました(全員ヤンキーグループとボス女子グループ)。

 

 

これでだいぶやりやすくなったはず…。

 

ところで

 

f:id:euri-kusanagi:20171213162912j:plain


一難は去ったものの、劇はまだ始まったばかり…。

 

 

 

【文化祭の劇を不良をノセて成功させた話①】出し物でもめて波乱すぎる幕開け 

勉強しない子を自分から勉強する子に!6ステップでご紹介します

【超】美容師さんに聞いたボブショートの凶悪な寝癖の直し方【時短】