コドモモ!

私とまわりのいろんなハナシ。

MENU

【ネタバレ注意】ドラマ「光のお父さん」第三話 これは今後に響いてくる話になる予感!

【スポンサーリンク】

ネタバレ有なんでNetflix他、未放送地域の方でこれから見るよ!って方は注意です!

 

f:id:euri-kusanagi:20170503181323j:plain

 

光のお父さんの第三話が昨日(?)関東でも放送されました!

ほんとね、すごく久しぶりに毎週楽しみに待つドラマができて楽しいです*><*

 

せっかくGWなんだしリアルタイムで見ようと思ったら寝ちゃって。(録画予約はしてあった)

朝起きたら息子はもうすでに見終わってたっていう…

休みだと早起きなんだからもうー。

一緒に見ようと思ったのにー。

 

今回のオープニングは剣道のシーンからでした!

小学生の頃、スポーツが苦手な主人公のアキオくんはお父さんのすすめで剣道をやっていました。

でもあまり上達せず。

おっとりした性格のアキオくんは攻め込むことができず試合で負けてしまいます。

そこでお父さんに「やる気がないならやめろ」と言われて「じゃあやめる」と剣道をやめることにします…。

 

なんだかね、まるでうちの息子そのままのようで…!

ものすごい親近感湧いちゃいました(笑)

 

今回のテーマは「あきらめないこと」だと思うんですが、たぶん裏テーマは「コミュニケーションはまず相手に関心を持つこと」ってことなのかなーと。

 

 

アキオくんはコピー機の営業さんなのですが、凡ミスで客先を怒らせてしまいます。

大人しい質のアキオくんは相手の話を聞くだけでうまく返答できないんですね。

社に帰って上司からも「担当を外す」と言われてしまいますが、先輩から「ねばれ!」との激励をうけてなんとか食い下がります。

(袴田先輩超いい先輩ですよねー。うらやましい(笑))


でもその直後の接待でアキオくんはまたもや、やらかしてしまうんですね。

 

客先の部長と担当者が野球で盛り上がってるのに、話を振られて

あ、わかんないです

野球興味ないんで。」

火に油を注いでしまいました。

アキオくんは何が悪かったのかわからずポカーーン( ゚д゚)……

 

これって大人しい人にありがちなんですよねーーー!

すごいわかる、この感じ(笑)

人見知りとかコミュ障とか、今まで共通言語の通じる相手としかコミュニケーションとってこなかった人って、こんな感じ…

 

よく知らない人とのコミュニケーションを円滑にするコツは「相手に興味をもつこと」なんですよね。

「相手に興味を持つ」っていうのは、相手は何が好きで、どういう風に好きで、何を考えて、どう感じるのか?に興味を持つことなんですよ。

だから野球なんか知らなくてもいいの。(調べて行ってたら完ぺきではあったけど)


どんな球団が好きなんですか?

イチオシの選手は誰ですか?

情報源はなんですか?

普段球場に足を運ばれるんですか?

ぼく全然知らないんで教えてほしいです!


とかってね、聞いたらよかったの。

ぶっちゃけ質問の内容なんて相手が不愉快にさえならなければ頓珍漢でもなんでもいいの。

 相手に「自分はあなたに興味ありますよ」ってメッセージさえ伝われば。

 

「わかんないんで」「興味ないです」って言ったら、そこで話終わっちゃうからねw

そしてそれは、イコール「アンタなんかに興味ねーよ」という無言のメッセージになっちゃうわけなんだよね。

意図せずにそういうメッセージ発してる人、いるよねー^^;

 

こういうの、軽薄だとか、自分がないとかって見られがちだけど、別に接待の席じゃなくても自分の世界を広げていくにもすごく大事なことでね。

「あなたに興味があるよ」って伝えられればたいがいなんでもいいの。

 

これができるとすごく得すること多くなるから、なぜか友達できない、コミュ障で悩んでるって人は意識してみるといいよー( ˘ω˘ )

 

ともあれふたつの失態で担当を外されることになってしまい落ち込むアキオくん。

「お父さんもこんなことをたくさんたくさん乗り越えて、出世した人なんだなあ…」

 

しかし、その夜オンラインゲームFF14の中でなんどもなんどもボスに挑んでは死に、挑んでは死にする父に「もう明日にしよう」と言った時に言われた言葉で我に返るんです。


「つらい時こそ、あきらめちゃダメだと思うんです」って。


お父さんは剣道のときもそのことを教えようとしてくれてたんだ、と思い至って再び奮起するアキオくん。


翌日、上司に頼み込んで担当に戻してもらい、客先に頭を下げ、大声でおわび、客先の担当さんの好物を手渡しつつ仕込んできた野球知識を披露。

勉強してきたことをアピールた上で「ぼくにも教えてください!」


別人www


客先の部長も主任も「お!?」となってアキオくんの評価は上がり、事なきを得ました。

そしてそこには一皮むけた営業マンのアキオくんがいましたとさ!

 

これね、ずっとコミュニケーション不全を起こしていたお父さんとアキオくんの関係も暗示することになってるんじゃないかと思うんですよね!

お父さんはちゃんと本音を言わないできたし、息子のアキオくんも聞かなかった。

お互いに「相手に興味があること」を相手に伝えてこなかったから、「何を考えているかわからない」ってなっちゃう…


そのへんを解き明かす意味でも、この話は後々にきいてくる話になるんじゃないかな!?と思ったのでした!

 

 

しかしアキオくんの周りっていい人ばっかりですよね!

先輩にしろ、客先の担当さんも部長さんも、ヒロインも。

アキオくん、人に恵まれてるなぁ。うらやましい!!w

 

 

今までの光のお父さんはこちらです↓